天竺徳兵衛韓噺

今日は予約していた国立劇場で歌舞伎観劇。めずらしく定時で会社を上がるが5時だとまだ日の出前で駅まで暗いなかを歩いた。もうすっかりというかやっとというか季節が変わったんだろう。
行き方を迷ったが、JRで新橋に出ることにした。新橋で銀座線に乗り換え、さらに青山一丁目半蔵門線に乗り換えて半蔵門で下車。なにかしらないが界隈は警察の方々でいっぱいで何事なのか?
いったん国立劇場に行ってチケットを発券してからまた駅近くに戻って、いつも行っているエクセルシオールカフェの対面にあるエクセルシオールカフェに入る。ここで時間を潰してからコンビニで食糧を確保してから劇場入り。
去年観た『大岡越前』とは違い、それなりの入り。プログラムを買って、ロッカーに荷物を預けてから、とりあえず買ってきたおにぎりを食べた。
さてということで開演。

天竺徳兵衛韓噺

徳兵衛役は八代目中村芝翫。やはりこの人の入りは役者のせいか?しかし主人公の徳兵衛が除幕では出てこないという変則的な芝居で、歌舞伎らしく荒唐無稽なのだが、それにしてもそのこじつけが説得力がないというか違和感があるのでいまひとつストーリーに入り込めない。見どころは巨大蝦蟇の登場だろうが、それもなんかあっけない。大詰めでは眠気が襲ってきてしまった。物語としては去年の『大岡…』のほうが良かった。しかし国立なのでめったに演らないものを掘り起こしているのだがら仕方がないかな。とかいいながら資料集も買ってしまった。
帰りは新橋まで国立劇場が出す都バスで新橋まで出たのだが、同乗したおばさんも導入部がわかりづらいと言っていた。

https://www.ntj.jac.go.jp/sp/schedule/kokuritsu_l/2019/10141.html
横浜駅でヨドバシに寄って頼んでいた文庫本を3冊受け取る。
『時代小説で旅する東海道五十三次』 岡村直樹、『悪魔を憐れむ』 西澤保彦、『血染めの旅籠-月影兵庫ミステリ傑作選』 南條範夫

 

時代小説で旅する東海道五十三次 (講談社+α文庫)

時代小説で旅する東海道五十三次 (講談社+α文庫)

 

 

 

 

 

お休みだが

先々週だかの振替で休みなのだが、明日また出勤になってしまったのでなんかいまひとつだ。
毎度のようにいろいろ頭の中で計画を練るが結局のところ、先週から延ばし延ばしになっていたことをとりあえずこなす。クリーニング店に汚れ物を出し、南太田の郵便局で先日届いたブリンズリー・シュワーツのCDの代金を払い、横浜駅まで出て食料品を買ってから、あっさりと帰宅。それにしても平日の金曜日は空いていていい。
届いているのは、『ステキな奥さん うぷぷっ3』 伊藤理佐

 

ステキな奥さん うぷぷっ 3

ステキな奥さん うぷぷっ 3

 

 

 

台風一過

台風第19号が発生当時から指摘されていた通り、いままでになかったような勢力だったようで、各地に多大な被害を齎していた。
先日書いたように昨日の関東圏では午後からほとんどの交通機関が運休。スーパーやらデパートも休みが多かった。なので昨日は引篭り状態で過ごした。
で今日は所謂台風一過でやたらと暑い。営業しているかなと思いながらこのあいだから行くつもりだった床屋に出かけた。ちょうど店を開けていたところに出くわしたのでそのまま入店。世間話をしながらやってもらったんだけど、日曜日にも拘わらず他の客は顔を見せなかった。
それから横浜駅まで出てみるが、どこも営業していない。午後から開くらしい。しかたがないのでそのまま帰宅した。
『四人の署名』読了。
さてこの小説を偕成社判で初めて読んだのは小学校の4年辺りか?すごいなオレ、長いこと生きているな。

やっと休み

連続11日勤務がやっと終え、今日から三連休なのだが、未曽有の勢力の台風19号が近づいてきているという状況だ。関東に接近するのが12日の土曜日ということで、その日はスーパーや鉄道もお休みらしい。本来は小口さんと飲む約束をしていたのだが、流石にお疲れだし、そんな天候だし延期してもらった。
とりあえずマルエツの開店を待って明日のことを考えて食料品を買って帰ってきた。ビール飲んでちょっと食べて横になったけれど眠れない。夕方から風呂に入って飯食って寝たけどあんまり眠れなかった。
届いているのは下記の通り。
『ぼんやり酒』 山科けいすけ、『Live Archive:Vol.2 Live In sheffield』 Brinsley Schwarz

ぼんやり酒

ぼんやり酒

 

 

ライヴ・アーカイヴVol.2~ライヴ・イン・シェフィールド

ライヴ・アーカイヴVol.2~ライヴ・イン・シェフィールド

  • アーティスト: ブリンズリー・シュウォーツ
  • 出版社/メーカー: ミュージック・シーン
  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 
山科けいすけのはマンガではなくエッセイ。出社前に寄る本屋で見かけてついヨドバシで買ってしまった。ブリンズリーは前にも買ったイアン・ゴムがチョイスしたライブ・アーカイブ第2弾。販売元のMSIに注文したらまだ発売日前なのにあっさり届いてしまった。それからこのあいだ覗いたアマゾンのタイムセールでワイヤレスイヤホンを買ってしまった。GooseraというメーカーのWR-1という型番のものだ。
読み終わっているのは『シャーロック・ホームズの冒険』、『黒い画集』、『緋色の研究』、『ひらいたトランプ』

物が溢れる

毎度の日曜日。横浜駅まで行って週刊碁を買いエクセルシオールカフェで時間調整。ヨドバシで切れている髭剃りの替刃とシェービング・フォームを買って、ジョイナスの地下で食料品を買ってから帰宅。
夕方、お腹が空いたのでどこかで何か食べようと家を出る。めずらしく鎌倉街道まで出て雲仙第三横浜店に初めて入って、長崎ちゃんぽんと高菜ごはんを食べた。
相変わらずいろいろと届いている。
『黒い画集』 松本清張、『ひらいたトランプ』 アガサ・クリスティー、『シャーロック・ホームズの冒険』、『四つの署名』、『シャーロック・ホームズの回想』、『バスカヴィル家の犬』、『シャーロック・ホームズの事件簿』、『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』、『アビイ・ロード』50th Anniversary記念盤を3種類。

黒い画集 (新潮文庫)

黒い画集 (新潮文庫)

 

 

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

 

四つの署名 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

四つの署名 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 


松本清張は天城に行くのでなんとなく、クリスティーはこのあいだの続き、ホームズは前から揃えようと思っていた光文社文庫の新訳版。ビートルズは一昨年から続く発売50周年記念盤で予約していたものだ。CDで出るバージョンは全部購入。

桂塩鯛ひとり会

今日は通常の休みだが、また来週から変則になり、11日くらい連荘で働く羽目になりそうだ。
夕方から落語会の予約をしているのだが、その前にはなんにもする気がしなかったので、とりあえず寝ていた。3時くらいから起きだして、4時くらいに家を出る。
横浜駅横須賀線に乗り換えたら新川崎の手前で電車が止まってしまった。踏切でのトラブルらしく15分ほど動かなかった。やっと動いてからは問題なく5時半ちょっと前に新日本橋駅に着いた。いつもなら本石町のドトールに行くのだが、開場まで30分くらいしかないので日本橋亭近くのローソンでコーヒーを買って路上で飲んで時間調整。
会場に行くと10人くらいの先客がいた。時間の6時を過ぎた時間で受付開始。ちょっとトイレに行っている間に席はほぼ満杯。ということで演目。

桂塩鯛ひとり会

『寄合酒』 桂鯉舟
『へっつい幽霊』 桂塩鯛
仲入り
『一文笛』 桂塩鯛

開口一番は鯉昇さんのお弟子さん。二番太鼓が東京と上方では違うそうで大変緊張したという枕から噺に入ったが、入ったところでライトが付き始めたのでさらに焦っていた。そういえばなんか暗いなあと思っていたのだ。さて塩鯛さんの噺を聴くのは何年振りだろうか?相当以前だったことだけは確かだ。米二さんのブログにも載っていたが昨年末に倒れたそうで、随分細身になられた。そんな枕から噺に入った。この噺は今年甚語楼さんで聴いている。昔「落語のピン」で昇太さんが演っていたなあ。
仲入り後は初めて聴く噺。確か米朝師匠が作ったんだっけ。そうであれば一門の噺ということだな。人情噺と見せかけての落とし噺なんだろうな。
生で聴いた上方の噺家さんというと米朝一門くらいか?やはり上方落語というはこちらとは少し雰囲気が違う。

スーパービュー踊り子号

珍しく朝の4時過ぎまで眠れた。5時過ぎに大浴場に行ったら朝だったので男湯と女湯が交代していた。それからはいつものように空きっ腹を抱えて朝食の時間を待った。
朝はいつものバイキング。相変わらず混んでいる。いつも書いているが温泉旅行の一番の眼目は朝風呂・朝飯・朝ビールだ。とりあえず野菜を多めに適当にピックアップしてテーブルにいってサッポロビールを頼んだ。本当にこの一杯のために来ているようなものだ。
それから駅前のJAバンク伊豆太陽支店のATMで給料を降ろして港の方へ散歩。知らない間に直売所が出来ていたので覗いてみる。なんとなく蜜柑の蜂蜜とカボスを買ってみる。
宿に戻って時間調整。送迎の車に乗っていつものスーパービュー踊り子2号に乗って帰宅の途に着くが、東京まで乗車券を買ってしまったので用はないが東京駅で下車。丸の内駅口から呉服橋、八重洲の方までぐるっと回るが、どこにも寄らずにあっさりと横浜に戻る。買い物をしてから帰ってきた。