第五回 らくご・古金亭ふたたび

すでに半分は過ぎてしまったが今年初めて、落語を聴きに出かけた。何日か前に何かで見かけた「古金亭ふたたび」という落語会だ。十代目金原亭馬生一門の面々が、五代目志ん生と十代目馬生の演目を取り上げる会とのこと。今回が5回目。メールで予約すると振込みで料金を支払い、その順番で当日入場という手順らしい。
先に料金を払っているので流石に出不精な私も暑い中出かけることにした。横浜から横須賀線新日本橋で降りる。飯でも食おうかと神田駅界隈をうろうろするが日曜日なので開いている店は少ない。江戸ッ子寿司でも入ろうかと思ったがなかなか決心が付かない。結局のところ何年か前に入ったと思われる家系ラーメンの「春樹」という店でネギラーメンを食べた。神田まで出てきて家系もどうかと思うのだがまあいつものことだ。後から調べたらどうもチェーン店のようで都内で手広く営業しているようだ。その後そばにあるドトールで時間を潰す。
12時20分より整理券配布ということなので10分前ぐらいに会場のお江戸日本橋亭に向かう。トリネタが『鰻の幇間』で雲助師なので予想はしていたがいっぱいのお客であった。ということで演目。

第五回 らくご・古金亭ふたたび
於・お江戸日本橋亭
『子ほめ』金原亭小駒
『安兵衛狐』桃月庵白酒
『そば清』金原亭馬生
仲入り
『青菜』金原亭駒三
『鰻の幇間五街道雲助

開口一番は当代馬生門下の前座さん。小駒という名前はいろいろな人が名乗っているので今日の人で何代目なんだろう等と思いながらこういう会の初っぱなにはよく聴く演目。この噺も演る人で細部がいろいろ違うのでおもしろい。次は少し痩せたか白酒師。相変わらず毒の混じった枕から初めて聴く噺。最初は上方の『天神山』みたいだなと思って、後で調べてみたらその通りであった。当代の馬生さんは初めてである。この演目も生で聴くのは初めてかな?ビデオで観るばかりであるが先代の「どうも」のフレーズが耳に残る。仲入り後も十代目一門の方。この師匠も初めてだ。夏の落語といえばこれだ。トリも真夏の噺、雲助師匠の高座に触れるのはどれくらいぶりだろう。
やはり生の落語は楽しい。会場の入りがもう少し少ないとゆったりしていていいんだけどな。

無印良品

相変わらず、出不精である。少しはリハビリをしないといけない。とはいいながら昨日もどこにも行かなかった。
それではいかんと今日はどこかに行こうととりあえず、毎度のように横浜西口の無印良品でタオルとバスタオルを買い、晩のおかずの買物をしてから京急に乗って黄金町で降りて、横浜橋商店街で白菜とセロリのキムチを買って、バスで帰宅。
それにしても暑い。それでもなんとか出不精を振り捨て、また出かける。横浜から東横線に乗って渋谷で半蔵門線に乗り換え神保町で降りる。それにしても渋谷駅はますますわからない。
新世界菜館でカレーでも食べようかと思ったがそこは通り過ぎて駿河台下に出る。カレーで有名になってしまった。エチオピアの前は何人かが並んでいる。小川町方面に歩く。昔からあるスポーツ用品店も何軒かある。神田駅を通り過ぎて結局のところ新日本橋から横須賀線で帰ってきてしまった。

空腹を抱えて

さて月末の都内ぶらぶらである。
前日は実に久しぶりに有給休暇を取ったので、今日は朝から自由に動ける。とはいっても大してことはしていない。
東海道線に乗って東京駅で下車。八重洲地下街にある梅もとでもこもこの春菊天そばを手繰ろうと思ったのである。だが久々に訪れた地下街は工事中なのかまったくよくわからない。彷徨ったあげく諦めて地上に出て日本橋駅から銀座線に乗って稲荷町で降りる。出たところに立喰いそば店があったのでそこで野菜かき揚げ天そばを食べた。そこから清洲橋通りを歩いて鶯谷へ向かう。まだ早い時間にもかかわらず若い男女が多数、東京キネマ倶楽部の前で並んでいる。相変わらずこの界隈は怪しい。
そこから浅草方面を目指してみる。なにで有名になったのかしらないがコーヒー店のデンの前に人が並んでいる。最近はどこでも並んでいるがなにが楽しいのだろう。根岸界隈から竜泉と抜けると眼前に鷲神社が見えてきた。そこから雷門方面へ行く。土曜日なので人手が多い。浅草寺界隈には近づかず、江戸通りを蔵前方面へ行く。駒形どぜうで飯でもと思ったが予想通り店前は人が多いので素通り。空きっ腹を抱えて浅草橋から馬喰町を抜け神田まで来てしまった。ここでも江戸ッ子寿司でも入ろうかと思ったが時間も半端なので新日本橋から横須賀線のグリーンで帰ってしまった。

ストレス

相変わらず仕事におけるストレスがやっかいだ。どうしてこうつまらないことでイライラするのだろう?
横浜駅西口の有隣堂に寄ってみたら、ちくま文庫の残部希少本コーナーが設けられていたので覗いてみたら、下記の本があったので買ってしまった。
江分利満氏の優雅な生活山口瞳、『すみだ川気まま絵図』 松本哉
その他、CDも2枚、こちらはAmazon、買ったのはこちら。
『Green Onions]』 Booker T. & the M.G.'s、『The MetersThe Meters

 

江分利満氏の優雅な生活 (ちくま文庫)

江分利満氏の優雅な生活 (ちくま文庫)

 

 

すみだ川気まま絵図 (ちくま文庫)

すみだ川気まま絵図 (ちくま文庫)

 

 

グリーン・オニオン

グリーン・オニオン

 

 

ミーターズ・ファースト

ミーターズ・ファースト

 

 

東急線界隈を

土日が休日なのだが、夜勤ということでなかなかうまく使えない。休みとなると眠れないのだ。
で今日も今日とてとりあえず横浜駅から、エアポート成田に乗って武蔵小杉で降りる。それにしてもここの横須賀線から南部線までは長い。京葉線の東京駅に匹敵する。新丸子駅でまくり家という家系ラーメン(ネット調べ)に入ってネギラーメンを食べる。カウンターに刻みショウガやら刻みタマネギが並んでいる店であった。
東横線に乗って奥沢で降りる。そこから所謂高級住宅街を歩いて、雪谷大塚駅近辺まで歩いてからそこから東横線多摩川駅まで歩いて、横浜西口で買い物をしてから帰宅。

いつものように

相変わらずヨドバシ.comでいろいろ買っている。先週は本を2冊ばかり。
春風亭一之輔の、いちのいちのいち』 春風亭一之輔・キッチンミノル、『ほじくりストリートビュー能町みね子
一之輔師匠の本は一年間、毎月の頭、一日を一日中カメラマンが追ったもの。なかなか面白い。師匠は売れっ子の噺家ではあるが、同時に家族を持つ生活者だというのがよくわかる。普通の家族と違うのはお弟子さんが浸食したりするところだ。
『ほじくりストリートビュー』はまだ読み終えていない。

春風亭一之輔の、いちのいちのいち

春風亭一之輔の、いちのいちのいち

 

 

ほじくりストリートビュー (散歩の達人POCKET)
 

 

二壜の調味料

『二壜の調味料』読了。
表題作は読んだことがあるはずなのだが、ほぼ覚えていない。ラストがなかなか恐ろしいというか笑ってしまう。もともとファンタジーが本業の作者のようなので、ミステリとしてはいろいろ詰めが甘いところがあるがまあその辺はどうでもいい。なかなかおもしろかったが、お薦めというほどのものではないな。

二壜の調味料 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

二壜の調味料 (ハヤカワ・ミステリ文庫)