風邪が治らない

14日の土曜日にひいた風邪が治らない。当初は市販の風邪薬を飲んで、多少は良くなったと思っていたのだがこの昨日から今朝にかけてまたぶり返してきた。私にしてはめずらしく酒を飲む気もあまりしないくらいだ。
仕方がないのでいつもの横浜ひまわりクリニックに行ってきた。昨日からの雨続きで待合室は空いていた。すぐに呼ばれて検査ということで指先から血を採られる。その結果明らかに風邪ということで薬を3種類出してもらう。風邪薬、咳止め、胃薬だ。
診察料と薬代2,150円を払ってから歩いて桜木町方面を目指す。馬券を求める人達に天気は関係ない。駅前のモスバーガーの近くでタクシーから降りたばかりと思われる姉ちゃんが歩道に倒れていた。酔っ払いだね。それとも乗るところなのかなあ?
そのまま歩いて横浜駅に出る。有隣堂でロッキンオン11月号を立読み、杉田の住吉書房では11月号は置いていないのだ。たぶん発売日が月によって変わるせいだ。文庫のコーナーを見るとハイスミスの『見知らぬ乗客』が出ている。それと北村薫の「円紫さんシリーズ」ずらっと並んでいる。これは『太宰治の辞書』の文庫化と合わせたためだろう。さらに何故か安吾の『不連続殺人事件』も平台にあった。どれも買わなかったがやはり本屋には行くべきだ。
食料品を買って横浜商店街で白菜キムチと明太子のキムチを買ってから帰宅。
風邪はどうもだいぶ良くないらしく、仕方がないので本を読んでいた。
『眉雨』 古井由吉と『太宰治の辞書』を読み終える。前にも書いたが古井由吉をこんなにあっさり読めるとは我ながら不思議だ。理解したかというとそんなことはないだろうが。まあそんな作品をなんで読むんだということだがなぜか読みたくなるのである。このあたりがこの作家の不思議なところだ。久しぶりの「円紫さんシリーズ」だが、小説と自分と時間の流れがなかなか空恐ろしい。主人公の「私」はすでに中学生の男の子の母親である。

 

エヴァリー・ブラザース

ノラ・ジョーンズグリーン・デイのビリー・ジョーエヴァリーのアルバムを丸々カバーしたCDが3年か4年前に出ている。前から買おうかなあと思っていたのだが、ヨドバシで検索すると扱っていない。なのでアマゾンで購入。
『foreverly』 Billie Joe+Norah
それから北村薫の「円紫さんシリーズ」最新作『太宰治の辞書』をヨドバシで買っている。
この間買った『定本漱石全集〈第12巻〉小品』だが岩波書店に問い合わせたところ、訂正前のものらしく取り替えてくれるらしい。それからその漱石全集の特典『漱石全集 月報精選』が届いた。

フォーエヴァリー

フォーエヴァリー

 
太宰治の辞書 (創元推理文庫)

太宰治の辞書 (創元推理文庫)

 

 

古井由吉

何年か前に出版された古井由吉の自選集、出されたときに買っているのだが予想通り何冊か読んでほったらかしにしていた。
途中まで読んでいた『槿』をなぜか先週から読み直して今朝方読了。以前と比べてすらすらっと読めたのが我ながら不思議だ。
先月出版されていた漱石の全集の12巻だが、編集のミスがあったとかで昨日ヨドバシに注文、今日届いた。
『定本漱石全集〈第12巻〉小品』 

 

もう10月

昨日に続き予約していたDVDが届いた。
Tapestry:Live in Hyde ParkCarole King
2016年ロンドンのハイド・パークで行われた『つづれおり』の全局再現ライブを収録したCDとDVD。しかしキャロル・キングも75か!

つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク(DVD付)

つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク(DVD付)

 

 

週末になると

週末というか月末になるとヨドバシで予約していたCDやらDVDが届くという日々が続いているような気がする。
今回届いたのは3枚。
TapestryCarole King、『The Doors』 『The Singles』 The Doors
読み終わったのは『江分利満氏の優雅な生活
キャロル・キングの往年の名盤はなんと7インチの特別サイズ。迂闊なことに届いたてからそのことに気がついた。めんどくさい大きさである。さらにオリジナルが発売された当時のシングルジャケットが復刻されたりしている。まあその辺はどうでもいいので個人的には通常サイズの紙ジャケで出して欲しい。ドアーズのファーストはいつ聴いてもクールだ。2017年のリマスター盤である。ついでに買ったのはシングルで発売された曲を集めたコンピ盤だ。これにもキャロル・キング同様、日本版が発売された当時の復刻ジャケが付いていたりする。

つづれおり(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)(SACD HYBRID)
 
ハートに火をつけて(2017リマスター・エディション)<SHM-CD>
 
ザ・シングルズ<SHM-CD>

ザ・シングルズ

 

 

今日は都内うろうろの日であった。眠気が襲ってくるなか、なんとなく鳥の唐揚げでビールが飲みたいなあと神田界隈を歩いたが決心が付かず都営浅草線の日本橋から帰って、スーパーで鰹の刺身と唐揚げを買ってきて満点レストランを観ながら飲んで寝た。

予約していたCD

ヨドバシで予約していたCDが昨日届く。
MSIから出ているニック・ロウのリマスター盤だ。
『Party of One』『Pinker and Prouder than Previous』

パーティ・オブ・ワン

パーティ・オブ・ワン

 
ピンカー・アンド・プラウダー・ザン・プレヴィアス

ピンカー・アンド・プラウダー・ザン・プレヴィアス

 

読み終わっているのは下記の通り。
『捕まえて、食べる』 『コラム息切れ』 『定本漱石全集〈第9巻〉心』
『コラム息切れ』には大笑いをさせてもらった。本を読んでこんなに笑ったのは初めてだ。鎧を着ての件のやたらおもしろいことはこのうえもない。もうずいぶん前に出た本のようだが最高だ。作者の小野法師丸さんおデイリーからの撤退が惜しい。漱石は中学の時に授業で読んだ記憶がある。これを中学生に読ませてもしかたがないよな。

桂雀三郎ひとり会

このあいだ、かわら版を観ていてふと思い立ち、ちけっとぴあで前売りを購入したので出かけてきた。
会場はいつものお江戸日本橋亭、近づいている台風18号の影響で雨模様の天気である。午後自宅を出て東海道線で東京駅まで出る。大手町から鎌倉橋を渡り淡路町を目指す。やなか珈琲神田店でコーヒー豆を買うのである。ブラジルのフローレスタ・デ・ヴィセンチという長い名前のを頼んで、出来上がるまで界隈をぶらつく。久しぶりに宮地楽器に入ってみた。グレッチのホワイト・ファルコンかなにかが160万とか値段がついていてちょっと驚く。裏道を歩くがこの辺りもすっかり変わってしまった。まあ長いこと生きているから仕方がない。焙煎が終わった豆を受け取って神田駅に向かう。ドトール日本橋本石町店でひまつぶし。ここは広くて一部電源もあっていい。元々神田駅近くだから土曜日なので人もそんなに多くない。
時間が近づいてきたので会場へ向かう。雨は降るのか降らないのかはっきりしない。待っている人は10人ほど、この天気なのでこんなもんかな。開場となって席を占めるとほぼ満員。関西弁の人もいるようだ。ということで演目。

桂雀三郎ひとり会』

「子ほめ」 桂慶治朗
「わいの悲劇」 桂雀三郎
トーク桂雀三郎+立川左談次
仲入り
「短命」 立川左談次
「宿屋仇」 桂雀三郎

開口一番は米團治さんのお弟子さん。「わいの悲劇」というのは小佐田定雄作の新作のようだ。父親能楽、母親が歌舞伎、姉が浪花節、妹が宝塚、本人が松竹新喜劇が大好きという一家にやってきた日本の古典芸能に興味のあるアメリカ人の女性がやってくるというお話。あほらしいというしかない爆笑噺だ。その後ゲストの左談次さんとのトーク。若手の頃に一朝、馬桜、さん喬、雲助、扇遊といった面々と交流会を行い、お互いの家に泊まった仲だという。その頃の上方落語界は50人程度とのこと。仲入り後はさだやん師匠がお馴染みの噺。トリは大ネタ、生で聴くのは初めてかな?
左談次さんがゲストなのでチケットを買ったというのが本当のとこなのだが雀三郎さんは枝雀さんのお弟子さんらしく楽しかった。さだやん師匠も元気そうでなにより、なんせ最近渋谷らくご5日連続出演とか働き過ぎとしか思えなかったのでちょっと心配していたのだ。まあ寝不足でも出かけるものである。
買っているものは下記の通り。
『定本漱石全集〈第9巻〉心』、『Cheap Xmas:Donald Fagen Complete』、『捕まえて、食べる』 玉置標本、『コラム息切れ』 小野法師丸、『赤いゾンビ、青いゾンビ。ー東京日記〈5〉』 川上弘美
漱石の『行人』は読了済み。なんというか悩んでいるね、漱石さん。

心 (定本 漱石全集 第9巻)

心 (定本 漱石全集 第9巻)

 
捕まえて、食べる

捕まえて、食べる

 
コラム息切れ

コラム息切れ

 
東京日記5 赤いゾンビ、青いゾンビ。

東京日記5 赤いゾンビ、青いゾンビ。