読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっかり春

なかなか咲かなかった桜がすっかり葉桜になってしまった4月ももう後半である。
『定本漱石全集 第四巻』読了。
この巻は「虞美人草」である。もちろん初読。若者3組の恋模様を描いたものと言えるだろう。誰方がネットで書いていたが、ラストのスピード感がすごい。悪役の女性があっさり死んでしまうのはどうかなとは思うが、月報や注釈を読むと漱石は確信犯だったようだ。
次の第五巻とともに文庫本を2冊購入。
『定本漱石全集 第五巻』、『逆説の日本史20幕末年代史編Ⅲ』、『怪盗ニック前仕事4』

坑夫 三四郎 (定本 漱石全集 第5巻)

坑夫 三四郎 (定本 漱石全集 第5巻)

 

 

 

怪盗ニック全仕事4 (創元推理文庫)

怪盗ニック全仕事4 (創元推理文庫)

 

 
あとまたパット・メセニーバリトン・ギターを使ったソロ・ギター・アルバム『What's It All About』をアマゾンで買っている。

 

入谷で散髪

昨日からまともに眠れない。眠いので横になっても2時間とかで起きてしまう。夜中にビール飲んだりしてもだめだ。そんなぼっーとした状況で東京へ出る。
4月に入っても寒い日が続いたが、ようやく桜も咲いてきたようだ。上野公園あたりはたいへんな人出なようだ。そんなところは避けて、去年も入った入谷の斉藤理髪店を目指して上野駅入谷口を出る。入谷の交差点で方向を誤って迷う。店に着くとすでに先客がいるのであたりをぶらぶらして時間を潰す。暖かさのせいか界隈を歩く人も薄着が目立つ。そろそろ終わりそうなので入店。めずらしく店主と話しながら髪を切ってもらう。最後のあたりで去年のことを思い出してくれた。近くのドラッグストアに寄って絆創膏を買ってからそこいらを散策。しかし寝不足の身体なので、そのまま帰宅の途に着くことにする。わざわざ入谷まで行って髪を切ることはないがそうでもしないとどこにも行かないからなあ。
横浜で下車して買い物をして帰ってきた。

何年か振りでジーンズを

ずっと穿いてきたジーパンの、ちょうどバッグが当たる部分が擦り切れてきた。考えてみればそれなりに長いこと穿いているので、思い切って新しいのを買うことにした。
会社帰りに鳥浜のアウトレットモールに行ってみた。ここに来るのも随分久しぶりだ。とはいっても、リーバイスのアウトレットで買うだけのことである。選んだのはけっこうゆったり目の514というのを2本と505が1本。なぜ3着かというと2着買うと1着無料だからだ。裾上げを待っている間、エディー・バウアーでシャツを一枚購入、値札から5割引きというやつだ。
まあ服なんてめったに買わない人だからなあ、ちょっと今日は散財だ。本とかCDとかはあんまり思わないが、衣料品を買うとなんか、金、使っちゃったなあと思うんだよね。

 

いけませんなあ。

どうもよろしくない。物欲がひどいというか金遣いがあらすぎる。
BOSEのノイズ・キャンセリング対応ヘッドフォンやら、これは買わないなと思っていた、ジョージ・ハリソンの紙ジャケ再発を全部買ってしまった。それからさらにウェザー・リポートも3枚ばかり。
いやいや、仕事のストレスが溜まっていることは認めるが、ちょっと暴走が過ぎるなあ、我ながら。とりあえず買ったものは下記の通りです。
『QuietControl 30 wireless headphones』

 

 

『Wonderwall Music』、『Electronic Sound』、『Living In The Material World』、『Dark Horse』、『Extra Texture』、『Thirty Three & 1/3』、『George Harrison』、『Somewhere In England』、『Gone Troppo』、『Cloud Nine』、『Live In Japan』、『Brainwashed』 George Harrison

 

不思議の壁(紙ジャケット仕様)

不思議の壁(紙ジャケット仕様)

 

 

電子音楽の世界(紙ジャケット仕様)

電子音楽の世界(紙ジャケット仕様)

 

 

リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(紙ジャケット仕様)

リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(紙ジャケット仕様)

 

 

ダーク・ホース(紙ジャケット仕様)

ダーク・ホース(紙ジャケット仕様)

 

 

ジョージ・ハリスン帝国(紙ジャケット仕様)

ジョージ・ハリスン帝国(紙ジャケット仕様)

 

 

33 1/3(紙ジャケット仕様)

33 1/3(紙ジャケット仕様)

 

 

慈愛の輝き(紙ジャケット仕様)

慈愛の輝き(紙ジャケット仕様)

 

 

想いは果てなく~母なるイングランド(紙ジャケット仕様)

想いは果てなく~母なるイングランド(紙ジャケット仕様)

 

 

ゴーン・トロッポ(紙ジャケット仕様)

ゴーン・トロッポ(紙ジャケット仕様)

 

 

ライヴ・イン・ジャパン(紙ジャケット仕様)

ライヴ・イン・ジャパン(紙ジャケット仕様)

 

 

ブレインウォッシュド(紙ジャケット仕様)

ブレインウォッシュド(紙ジャケット仕様)

 

 

『Heavy Weather』、『Mr. Gone』、『8:30』 Weather Report

 

へヴィー・ウェザー(期間生産限定盤)

へヴィー・ウェザー(期間生産限定盤)

 

 

ミスター・ゴーン(期間生産限定盤)

ミスター・ゴーン(期間生産限定盤)

 

 

8:30(期間生産限定盤)

8:30(期間生産限定盤)

 

 

ああ、それからDVDを1枚、『名探偵登場』も買ったりしています。みんなヨドバシだよ。

 

 

フラワーズ・イン・ザ・ダート

ポール・マッカートニー、今回のアーカイブ・コレクションは『フラワーズ・イン・ザ・ダート』である。
前にも書いたかもしれないが、順番がよくわからない。『ワイルド・ライフ』とか『レッド・ローズ・スピード・ウェイ』の初期のアルバムがなかなか出てこない。
このアルバムはリアルタイムで買っていたもので、コステロとの共作が話題だったな。『パイプス・オブ・ピース』以降のポールはあまりパッとせず、そこら辺のアルバムには当時全く手をだしていなかった。この時代だとすっかりCDフォーマットでアルバム自体が非常に長くなってしまった印象が強い。

 

 それから、ニュー・センチュリー・バージョンは持っていたけれど、オリジナルを持っていなかったジョージ・ハリソンの『オール・シングス・マスト・パス』の紙ジャケ・SHM-CDが再発されたので買ってしまった。

 

オール・シングス・マスト・パス(紙ジャケット仕様)

オール・シングス・マスト・パス(紙ジャケット仕様)

 

 

ちょっと散財

いつものように横浜駅まで出て、週刊碁を買いダイア・キッチンで食料品を調達した。ここのところあんまり歩いていないので戸部まで歩くことにする。お昼時の日曜日、横浜駅周辺は人手が多い。西口からビブレ方面へ抜け平沼橋商店街に出ると角平のところに人が並んでいる。ここってそんなに有名なのか。一度だけ入ったことがあるが、割高の街の蕎麦屋としか思えないんだけどなあ。その向かいの家系ラーメンも大して美味しくない。週末なので休みの店がほとんど、どこにも寄らず戸部から京急に乗った。

角平

食べログ角平

前々から買おうと思っていたDVDプレイヤーを買ってしまう。カード分割である。ブルー・レイはもちろんスーパー・オーディオCDが聴ける仕様となっている。
BDP-S6700

さてやっとこれで買ったままで聴けなかったフライアン・フェリーのSA-CDや奥田民生の『ひとり股旅スペシャル』が楽しめるか。

http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001003127815/index.html?_ga=1.151055097.118971069.1449955176

 

先日、『汽車旅の酒』読了。

旅に出ている吉田健一はもう飲みっぱなしだ。巻末に小説が二作品収録されているがやはりこの人のは異質である。

 

汽車旅の酒 (中公文庫)

汽車旅の酒 (中公文庫)

 

 

稲取二日目

夜中のちょっとしたトラブルがあったが、なんとか4時ちょっと前まで眠れた。5時を待ってまた7階の大浴場に行く。流石に人はいなかったがすぐに1人入ってきた。だんだん夜が明けてきて陽が昇ってきた。ラウンジで朝刊を眺めてから部屋に戻る。冷蔵庫のビールを開けて、昨夜食べ残したデザートを肴に飲んで朝食の時間を待つ。
朝食はいつもどおり、夕食を摂った2階でバイキング。ここでもサッポロビールを頼んで1人飲む。それにしても、平日にも関わらずお客が多い。テーブルの殆どが埋まっているようだ。これもいつものことだが普段あまり食べない生野菜の類を多めにこれまた普段食べないフルーツなども食べたりする。
朝食後はホテルの廻りをちょっと歩いてから、10時24分発のスーパービュー踊り子号で東京に向かう。まあたまの平日休みなので都内に出てみた。大したことはせず、さっさと帰ってきた。やっぱり遠出は疲れる。