中古にまで手を

仕事の都合上、朝7時ぐらいに暇な時がある。帰るわけにもいかず、といって大してやることがない時間だ。スマフォを見ているのだがここでついいらんものを買ってしまうことが去年から続いている。
で今回買ったのがスティーブン・ビショップのファーストである。
『Careless』 Stephen Bishop
まあすでに持っているのだが、数年前に出た紙ジャケリマスター盤が中古で出回っていたので買ってしまった。
この作品は名盤で本当にいい。一時期はこればかり聴いていたなあ。

 

 

ケアレス(紙ジャケット仕様)

ケアレス(紙ジャケット仕様)

 

さらにシリーズを途中まで読んで、滞っている『おとり捜査官』も古本で買ってしまった。朝日文庫版である
『おとり捜査官 1 触覚』、『おとり捜査官 2 視覚』、『おとり捜査官 3 聴覚』、『おとり捜査官 4 嗅覚』、『おとり捜査官 5 味覚』

 

おとり捜査官 1 触覚 (朝日文庫)

おとり捜査官 1 触覚 (朝日文庫)

 

 

 

おとり捜査官 2 視覚 (朝日文庫)

おとり捜査官 2 視覚 (朝日文庫)

 

 

 

おとり捜査官 3 聴覚 (朝日文庫)

おとり捜査官 3 聴覚 (朝日文庫)

 

 

 

おとり捜査官 4 嗅覚 (朝日文庫)

おとり捜査官 4 嗅覚 (朝日文庫)

 

 

 

おとり捜査官 5 味覚 (朝日文庫)

おとり捜査官 5 味覚 (朝日文庫)

 

 


それから伊藤理佐の新刊も買っている。
『おかあさんの扉6 ピッカピカです六歳児』