読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第31回『京の噺家桂米二でございます』

『雑排』桂二葉
『善哉公社』桂ちょうば
『つる』桂米二
仲入り
『菊江仏壇』桂米二

開口一番は二番弟子の二葉さん。トレードマークのアフロヘアではなくなっていた。この噺を生で聴くのは初めてだろう。というか『つる』以外はみんなそうだ。続いてはざこばさんのお弟子さん。この人はお初である。古い新作(この表現もおかしいが)であった。仲トリの噺はいかにも落語らしいというか実にくだらない噺だ。トリネタは上方でも珍しい噺らしい。病に臥せった嫁さんの見舞いにも行かずに店で宴会をする若旦那というどうにも気持ちのいい噺ではない。まあ落ちのために作ったのか、それとも実話として似たようなことがあったのか?なかなか高座に掛からないというのも頷ける。