読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイアモンド地下街の有隣堂に行ってみると創元推理文庫奥泉光の『ノヴァーリスの引用/滝』が出ているのでついでに『大泉エッセイ』 大泉洋もいっしょに買う。大泉の方は当時単行本が出たことは知っていたが仕事途中にいつも寄る書店にはなかった。やっと見かけたときにはもう発売からひと月以上経ってからだった。そこで文庫になったので買うことにした。
ノヴァーリスの引用/滝 (創元推理文庫) 大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)