読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず伊豆へ

まあここ2、3年の恒例のようになっているがご両親とともに伊豆稲取へ赴くことになった。
前日もお休みだったので、毎度の如く夜中から起き、時間を潰す。世間は平日なので通勤通学で混雑する電車に乗るのも申し訳ない。それに時間もあるので横浜駅まで歩くことにした。平戸桜木道路を黄金町まで行き、赤門町から一本松小学校まで細い道を登っていく。尾根道に出たら西戸部方面への慣れた道である。通るたびに思うのではあるがその途中の峠の四つ角の光景は住宅街とは思えない。ただの山道であろう。戸部近辺までたどり着き、これまた地元の人間にしかわからないような場所を辿って、崖に設置された階段を降りる。戸部本町から横浜駅東口まではもう少しだ。ネットで予約しておいた特急券を購入し、キオスクで朝刊を買ってモアーズにあるスタバで一休み。1/5日付の東京新聞に興味を抱かせるような記事はほとんどなかった。
小一時間過ごした後、東口に戻って戸部方面にちょっと行ったところにあるほっともっとで弁当を、その近くのセブンイレブンでビールを買って駅に戻る。構内に入ってコンビニや本屋をうろうろしてからホームに上がる。
今日、乗るのはスーパービュー踊り子3号のグリーン車だ。グリーン車専用のサロンとかがあるのだが行かなかった。ドリンクサービスはコーヒーを貰った。どこからだったか雨が降り出し河津に着いた時にはけっこうな雨量であった。とりあえず駅前のハック・ドラッグでビニール傘を買ったら5分で強風に襲われ壊れた。仕方がないのでセブンイレブンで再度購入。今度も風に煽られたがなんとか復活。バスの時間まで駅の中で過ごし、修善寺駅行の東海バスに乗る。荒天の平日ということで地元のお年寄ばかりで観光客は私一人。30分程度で目的地河津七滝に着いた。雨の降りがますます強まるなか七滝巡りに向かう。出会茶屋という土産物店の前にある初景橋というところから川沿いの遊歩道を歩く。途中吊り橋とか階段とかいろいろとある。片手に傘を持っての歩行は厄介だ。とりあえず熊が出そうな道を歩いて一番奥にある釜滝までたどり着いた。そこからUターンをしてエビ滝、蛇滝、初景滝、カニ滝と戻ってきた。そこからちょっと下流にある出合滝、これで六滝である。この下に大滝というのがあるのだが、2011年の台風による被害で現在もまだ一般客は見ることができないようだ。雨でグショグショになったので近くの土産物屋でコーヒーを飲む。1時間に1本か2本しかないバスを待って河津駅に戻る。お客は私一人。どうもこのバスに帽子を忘れてしまったようだ。短い時間だが稲取に行くのに自由席特急券を買って踊り子号に乗った。下りの列車の到着時間だったので、改札にいなとり荘の迎えの人が待っていた。
送迎車に乗って旅館に到着。お馴染みの仲居さんの案内で部屋へ行き御両親と御兄弟に対面できた。その後は毎度の如くで7階の大浴場で温泉に浸かり、部屋でビールを飲み、夕食の時間を待つ。2階の食事処でお刺身やら金目鯛の煮付を食べながらお酒を飲んだ。その後はあっさり寝てしまった。
http://www.inatoriso.com/