読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池袋演芸場四月上席昼の部

『狸の札』 入船亭ゆう京
『ぞろぞろ』 入船亭遊一
『俗曲』 東京ガールズ
『マキシム・ド・のん兵衛』 五明楼玉の輔
『半分垢』 入船亭扇好
『漫才』 ホームラン
『支度部屋外伝』 三遊亭歌武蔵
『七段目』 林家正蔵
『奇術』 ダーク広和
ちりとてちん柳家喬太郎
仲入り
『鮑熨斗』 入船亭扇辰
『替わり目』 金原亭伯楽
紙切り林家正楽
『干物箱』 入船亭扇遊

開口一番は以前「四人廻しの会」で見た扇遊師匠の前座さん。最近、狸の噺を聴かないなあと思っていたら、今度は続いてである。続いても扇遊門下の二つ目、この人は初めてかなあ。この噺を生で聴くのも初めてだろう。これまた寄席でお目に掛かるのはお初の東京ガールズ。前は3人組だったと思うがいつのまにか2人になったようだ。賑やかで楽しい高座であった。それにしても三味線の音色を聴くのは楽しい。玉の輔さんは以前にも伺った白鳥作の新作。扇好さんは先日行けなかった「四人廻しの会」で演られた噺。そうかこういう噺なのか。なんか油が乗ってきたホームランの漫才の後は、歌武蔵師匠が相撲界の話題で楽しませてくれた。本当に正蔵さんはうまくなったよなあ。それにしても随分痩せたな。ダーク広和さんは何故か座布団に座り、いつものBGMもなしにマジックを披露。なんかすっきりしない感じで終了。この途中で小さい女の子を連れた親子連れが入場。なかなかおとなしいいい子であった。正楽さんの紙切りには興味津々といった感じであったが、後はあの年頃の子どもに寄席は厳しいだろうなあ。仲トリに期待していて、何を演ってくれるかなと思っていたら『ちりとてちん』でありました。仲入り後はこれまたお初の扇辰さん、『鮑熨斗』を途中まで。相変わらずの多少怪しい正楽さんの後はトリ、『干物箱』を明るく演ってもらいました。
今日は夜の部までいるつもりで来たので、そのまま居残り。帰ったお客は半分くらいかなあ。