『いにしえ坂』 長谷川きよし
ということでさっさと帰宅の途に着いた。
『人はそれを情死と呼ぶ』 読了。実に鮎川哲也の作品である。