京極夏彦「百器徒然袋−雨」
まあ、すでにノベルズで読んでいる。ずいぶん笑わせてもらったなあ。