Book

『谷崎潤一郎全集第六巻』 ここ数年浸かっている日本能率協会の手帳『NOLTY1501』も購入。 その後はたまに寄っているダイヤキッチンで買い物をして帰宅。

『フランチャイズ事件』 ジョセフィン・ティ、『百万に一つの偶然』 ロイ・ヴィカーズ そして店内で買っていなかった『谷崎潤一郎全集第四巻』も買ってしまった。

『カジノロワイヤル』読了。昔ちょっと読んで、おもしろくなくて放り出した記憶があるのだけど、結構面白かった。台所の蛍光灯が切れているので散歩がてらに伊勢佐木町方面へ出かけた。伊勢佐木モールで頑張っている電機店で蛍光灯を買ったがヨドバシより相…

丸善で文庫本を3冊購入。さていつ読むんだ、オレ。 『恋人たち/降誕祭の夜』金井美恵子、『本能寺遊戯』高井忍、『007/カジノ・ロワイヤル【新版】』イアン・フレミング コレドの裏手のスタバで時間調整をしてから本日の「第十二回柳家甚語楼の会」が…

それからついでに頼んでいたなかなか『細雪』が進まない谷崎潤一郎全集の今月配本分もヨドバシで購入。 『谷崎潤一郎全集第11巻』 あっとそれから新杉田ラビスタの本屋で伊藤理佐の新刊も購入。 『ステキな奥さん ぶはっ』 とはいってもこれはマンガでなく…

『親しい友人たち』 山川方夫 それから酒のつまみなどを買いつつモアーズの近くにあるプロントで時間つぶし。ここには電源があるのでiPhoneに充電をする。 駅構内のニューデイズでビールと缶チューハイを買って1時24分横浜発のスーパービュー踊り子7号に…

『CHABO BOOK』、『一枚のレコードから』 仲井戸麗市、『怪盗ニック全仕事2』 エドワード・D・ホック、『谷崎潤一郎全集 第17巻』 続いてCD。

『深夜プラス1』ギャビン・ライアル、『怪盗ニック全仕事〈2〉〉』E・D・ホック

『逆説の日本史17 江戸成熟編』、『逆説の日本史18 幕末年代史編1』 月曜日だったかネットで買った『谷崎潤一郎全集第19巻』が届いた。『 〃 第1巻』は読了。そうか谷崎はデビュー時からこうだったのか。言い方はよくないと思うが頭のいい江戸川乱歩…

『剣豪将軍 義輝 (上・中・下)』 宮本昌孝 (徳間文庫)" title="剣豪将軍義輝 上 鳳雛ノ太刀 (徳間文庫)" class="asin"> めずらしくこの手の小説を買ったのにはわけがある。この本はもう何年も前から本屋で見かけるたびに気になっていたのだ。奥付によると…

先日、、『くすぶれ! モテない系』読了。

ダイアモンド地下街の有隣堂に行ってみると創元推理文庫の奥泉光の『ノヴァーリスの引用/滝』が出ているのでついでに『大泉エッセイ』 大泉洋もいっしょに買う。大泉の方は当時単行本が出たことは知っていたが仕事途中にいつも寄る書店にはなかった。やっと…

『DVD&CD付き 究極のアコギ練習帳 完全版』 野村大輔

『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』、『黄色い水着の謎―桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活〈2〉』、『東京美女散歩』

買っていたのは、『ルパン三世DVDコレクションVol.2』、『ルパン三世DVDコレクションVol.3』、『う 竹の巻』 、『う 梅の巻』 ラズウェル細木、『翳ある墓標』鮎川哲也 読み終わったのは『オカマだけどOLやってます。完全版』 。この人はラジオ…

『赤い糸の呻き』読了。短編集である。西澤保彦らしくどれも突拍子もない。昨日、新杉田の住吉書房で文庫本を1冊購入。 『オカマだけどOLやってます。完全版』 能町みね子

夜中に『日時計』読了。当初はミステリの古典と思って読んでいたが、これは冒険小説だね、解説にもそう記していた。訳者が丸谷才一というのも古典ということを感じる。細かな謎解きというか事件のあらましがないのは不親切かな。 で今朝も早朝から飲んで、い…

このあいだ、『失踪当時の服装は』『ジャック・リッチーのあの手この手』読了。 『失踪・・・』の方は何十年振りかの再読だが、まったく覚えていない。地味といえば思い切り地味。それにしても1950年代というのは思い切り昔なんだなあ。J・リッチーはいつ読…

『失踪当時の服装は』 H・ウォー、『怪盗ニック全仕事〈1〉』 E・D・ホック 『失踪当時の服装は』は30年以上、いやもっと前かな、読んでいる筈だ。『怪盗ニック全仕事〈1〉』は何年か前にハヤカワ文庫でオリジナル作品集が出て読んでいる。今度は創元か…

『四時から飲み―ぶらり隠れ酒散歩―』 林家正蔵、『久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた』 久保ミツロウ+能町みね子 そこから有隣堂にも行って文庫本を4冊買ってしまう。 『砂の粒/孤独な場所で 金井美恵子自選短篇集』 金井美恵子…

『東京日記4 不良になりました。』 川上弘美、『珈琲挽き』 小沼丹 本日はMと横浜で飲むことになっていたのだが、なんでも風邪をひいてしまったとメールが来たので、後日ということになった。ということで昨日行かなかった落語に行くことにした。鈴本の夜席…

『偉大なるしゅららぼん』 万城目学、『湘南いそいそ家飲み日記』 影山直美、『月刊東京人4月号・特集咖喱と珈琲』 それから地元井土ヶ谷駅前でがんばっている本屋で、文教堂で売っていなかった『レコードコレクターズ3月号・追悼特集大滝詠一1969-1979』…

買ったのは、デニス・ルヘイン 『運命の日[上]』、 『運命の日[下]』、西澤保彦 『身代わり』

『夜歩く』はカーの長編第一作。探偵はバンコラン。いま読むとやっぱり古いなあ。あと新訳なのだが、もうひとつか。

『雲助、悪名一代 芸人流、成り下がりの粋』 五街道雲助、『白酒ひとり壺中の天 火焔太鼓に夢見酒』 桃月庵白酒の2冊を読み終えている。

仕事帰りに杉田の文教堂で文庫本と雑誌を買う。 カー『夜歩く』、『東京人1月号』 カーは文庫本の棚を見ていたら何故か目に付いたので買ってしまった。『東京人』は「四時からの悦楽」という居酒屋特集だったので手に取った。

『カルニヴィア 1 禁忌』をやっと読み終える。このあいだとはいってもずいぶん前に読んだ『二流小説家』もそうだったが、おもしろいのだけどどこか物足りないんだよなあ。その他『目白雑録3』、『猫、そのほかの動物』 も読み終えている。

寄席にでも行こうかと思ったが今日は晦日でどこも余一会。仕方がないので上野駅のアトレにある明正堂書店で買っていなかった『東京かわら版11月号』と金井美恵子の『小説を読む、ことばを書く』 金井美恵子エッセイ・コレクション[1964-2013] 第3巻を購入…

『夜になっても遊びつづけろ』 金井美恵子エッセイ・コレクション[1964-2013] 第1巻、『猫、そのほかの動物』 金井美恵子エッセイ・コレクション[1964-2013] 第2巻、『カルニヴィア 1 禁忌』 ジョナサン・ホルト なんでも2020年の五輪が東京に決まっ…