また医者通い

咳のほうが相変わらず止まらない。ネットで調べてみると喘息になるかもしれないということなので、仕事終わりに杉田から根岸線に乗って呼吸器科のある医院に行ってきた。行ったのは横浜駅東口から歩いて5分ほどのところにあるイチノ内科クリニックというとこ…

咳が治まらない

風邪の方は治ったらしいのだが、相変わらず咳が治まらない。考えてみれば、毎年春先になるとそういう症状が出ていたのでそれが半年くらいずれたということか。それにしても厄介だ。続いて買っている本は、先日購入した『東京人』の書評ページに出ていたもの…

二代立花家橘之助襲名披露興行

先週だったか、思い立って前売チケットを買った上野鈴本の『二代立花家橘之助襲名披露興行』に行ってきた。10時半過ぎに上野に着いたのだが、鈴本の前にはすでに10人ぐらいが並んでいる。いまはこんな感じなのかな。まあ日曜日だし仕方がないんだろう。並び…

高井忍

高井忍の著す歴史ミステリがおもしろい。といっても3冊ぐらいしか読んでいないが。今回読んだ『近江屋一八六七年』は坂本龍馬暗殺の表題作と「浮世絵師の追想」という写楽に関する2作品を収めたものだ。表題作はちょっとおちゃらけた設定で始まるがなかなか…

坂口安吾

『不連続殺人事件』読了。多分30年ぐらい前に読んでいるはずだ。当然ほとんど覚えていない。シチュエーションは王道の本格ミステリーだ。登場人物のすべてがろくでなしで探偵はいまひとつ地味だ。なんか懐かしい感じかな。

朝から大雨

また台風が近づいているということで朝から大雨である。本日開催予定の横浜マラソンは中止だそうだ。薬のせいか咳も大分落ち着いてきたので床屋にでも行こうかと出かける。なんとなく伊勢佐木方面に足が向いて、二番目に見かけた床屋は空いていたがなんとな…

リアル書店で

大分良くはなったが相変わらず咳が続いている。いつもの薬もそろそろなので、日曜に引き続いての医者通いである。検査によると数値的には問題ないそうで咳止めシロップを出して貰う。それから降りそうで降らない空模様の下、日ノ出町まで歩き、京急に乗って…

続く医者通い

相変わらず風邪が治らない。まあちゃんと治っていないのに仕事に出て雨に打たれて冷蔵庫のなかで働いていれば治るものも治らないだろう。流石に状況が悪いので木曜日の夜から休んだのだが、それでもあんまり状況は変わらないので今朝方またいつものひまわり…

風邪が治らない

14日の土曜日にひいた風邪が治らない。当初は市販の風邪薬を飲んで、多少は良くなったと思っていたのだがこの昨日から今朝にかけてまたぶり返してきた。私にしてはめずらしく酒を飲む気もあまりしないくらいだ。仕方がないのでいつもの横浜ひまわりクリニ…

エヴァリー・ブラザース

ノラ・ジョーンズとグリーン・デイのビリー・ジョーがエヴァリーのアルバムを丸々カバーしたCDが3年か4年前に出ている。前から買おうかなあと思っていたのだが、ヨドバシで検索すると扱っていない。なのでアマゾンで購入。『foreverly』 Billie Joe+Norahそ…

古井由吉

何年か前に出版された古井由吉の自選集、出されたときに買っているのだが予想通り何冊か読んでほったらかしにしていた。途中まで読んでいた『槿』をなぜか先週から読み直して今朝方読了。以前と比べてすらすらっと読めたのが我ながら不思議だ。先月出版され…

もう10月

昨日に続き予約していたDVDが届いた。『Tapestry:Live in Hyde Park』 Carole King2016年ロンドンのハイド・パークで行われた『つづれおり』の全局再現ライブを収録したCDとDVD。しかしキャロル・キングも75か! つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク(DV…

週末になると

週末というか月末になるとヨドバシで予約していたCDやらDVDが届くという日々が続いているような気がする。今回届いたのは3枚。『Tapestry』 Carole King、『The Doors』 『The Singles』 The Doors読み終わったのは『江分利満氏の優雅な生活』キャロル・キン…

予約していたCD

ヨドバシで予約していたCDが昨日届く。MSIから出ているニック・ロウのリマスター盤だ。『Party of One』『Pinker and Prouder than Previous』 パーティ・オブ・ワン アーティスト: ニック・ロウ 出版社/メーカー: ミュージック・シーン 発売日: 2017/09/22 …

桂雀三郎ひとり会

このあいだ、かわら版を観ていてふと思い立ち、ちけっとぴあで前売りを購入したので出かけてきた。会場はいつものお江戸日本橋亭、近づいている台風18号の影響で雨模様の天気である。午後自宅を出て東海道線で東京駅まで出る。大手町から鎌倉橋を渡り淡路町…

アキレス腱炎

例の踵近辺の痛みは、お医者に行った結果、アキレス腱炎ということになった。なかなか直らないらしい病気のようだが、1週間ほど湿布を貼っていたら大分良くなってきたようだ。ということで久しぶりに都内に赴く。やはり土曜日の都内は人手が多く歩くのも難儀…

コーヒー・ミル

最近、家でコーヒーを余り飲まなくなった。暑いというのもあるが単純に豆を挽くのがめんどうくさいのだ。ずいぶん前から電動で手軽なやつを探していたのだが、挽き方が臼式とかカッター式とかいろいろあって訳がわからない。で今朝方、暇つぶしにネットを見…

CDを何枚か

ヨドバシで予約していたCDが続けて届く。『The Nightfly』 Donald Fagen、『Nick Lowe and His Cowboy Outfit』、『The Rose of England』 Nick Lowe カウボーイ・アウトフィット アーティスト: ニック・ロウ,ヒズ・カウボーイ・アウトフィット 出版社/メー…

秦野まで

先週TVKの『神奈川旬菜ナビ』というテレビで、秦野のわさびや茶園というところが出ていた。お茶を作っているところらしいがわさびも育てているらしい。秦野自体が名水で有名ということでたまにはそういうところに行ってみようと、6時半ぐらいに家を出た。横…

エラリー・クイーン

『アメリカ銃の謎』読了。ふーん犯人はあの人か。トリックとか別にどうでもいいので、まあいいのだが。じゃあなんでミステリを読むのかという話になるんだろう。動機の部分は暈かされているがまあこの時代のミステリの最大の弱点だ。というか動機なんかいら…

バッグを買う

昨日はほとんど寝ていなかったので、今朝起きたのは流石に6時過ぎだった。酔いの残った身体でぼーっとしていたが10時を廻ったので家を出る。同じマンションの人に本日の市長選挙を教えられたのでその足で投票に行く。いままで使っていたノーマディックのショ…

歌舞伎町へ

さて月末恒例、都内うろうろだが今日はOさんよりお誘いがかかったので最終目的地は歌舞伎町である。その前にとりあえず上野周辺へ向かう。そこで時間をつぶしてから山手線に乗って新宿へ。流石に眠気が襲ってきたので車内でちょっとだけ眠った。新宿へ着くと…

彼岸過迄

やっとのことで『定本 漱石全集〈第7巻〉彼岸過迄』読了。これは所謂、連作短編集という体裁を持っているが、月報にもある通り、主人公と思われていた人物が後半ではほとんど脇役に廻ったり、ある人物の独白が延々と続いたりと座りが悪い作品である。世の中…

第五回 らくご・古金亭ふたたび

すでに半分は過ぎてしまったが今年初めて、落語を聴きに出かけた。何日か前に何かで見かけた「古金亭ふたたび」という落語会だ。十代目金原亭馬生一門の面々が、五代目志ん生と十代目馬生の演目を取り上げる会とのこと。今回が5回目。メールで予約すると振込…

無印良品

相変わらず、出不精である。少しはリハビリをしないといけない。とはいいながら昨日もどこにも行かなかった。それではいかんと今日はどこかに行こうととりあえず、毎度のように横浜西口の無印良品でタオルとバスタオルを買い、晩のおかずの買物をしてから京…

日曜の深夜あるいは月曜の早朝

『定本漱石全集 第六巻』読了。この巻には、所謂『三四郎』三部作の『それから』と『門』が納められている。『三四郎』同様、初読は高校ぐらいだろうか?それにしても淡々としたストーリーだ。『それから』は当時としては思い切り反逆的な話なんだろう。『門…

またヨドバシ.comで

今回買ったのは毎度の『定本 漱石全集〈第7巻〉彼岸過迄』。 彼岸過迄 (定本 漱石全集 第7巻) 作者: 夏目漱石 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/06/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

空腹を抱えて

さて月末の都内ぶらぶらである。前日は実に久しぶりに有給休暇を取ったので、今日は朝から自由に動ける。とはいっても大してことはしていない。東海道線に乗って東京駅で下車。八重洲地下街にある梅もとでもこもこの春菊天そばを手繰ろうと思ったのである。…

ストレス

相変わらず仕事におけるストレスがやっかいだ。どうしてこうつまらないことでイライラするのだろう?横浜駅西口の有隣堂に寄ってみたら、ちくま文庫の残部希少本コーナーが設けられていたので覗いてみたら、下記の本があったので買ってしまった。『江分利満…

東急線界隈を

土日が休日なのだが、夜勤ということでなかなかうまく使えない。休みとなると眠れないのだ。で今日も今日とてとりあえず横浜駅から、エアポート成田に乗って武蔵小杉で降りる。それにしてもここの横須賀線から南部線までは長い。京葉線の東京駅に匹敵する。…